鋼の意志

メモと日記

メガメタグロス軸【サンムーン】

f:id:nomaku1:20170913233529j:image 

※本記事はSD環境のものです。実機環境とはズレが予想されます。

〜思考過程〜

六世代のグロスクチート(脳筋対面サイクル)は鉢巻アローやスカガブありきらしい。確かにあれほど終盤の掃除に適したポケモンはいない。全盛期ほど楽にはいかないが、対面サイクルの形をとることでそれに近づけるのではないだろうかと思った。コンセプトはメタグロスは対面性能を極限まで上げた型にし、裏から出てくる物理受けポケモンをポリZの起点にする。

 

〜単体紹介〜

 f:id:nomaku1:20170913221847j:image

メタグロス-メタグロスナイト

実数値   167-175-151-×-111-134

努力値   92-156-4-×-4-252

性格       ようき

特性       クリアボディ→かたいツメ

技構成   バレットパンチ/しねんのずつき/れいとうパンチ/アームハンマー

 

A  「アームハンマー」でH4振りカミツルギ中乱数1発。

      サイコフィールド下の「しねんのずつき」でH252振りカプ・テテフ高乱数2発。

H-B    陽気ランドロスの「じしん」確定耐え

 

対面性能を極限まで高めたメタグロス。崩しが必要な構築にはクチートを選出するので、メタグロスで無理に崩す必要は無い。対応範囲をより広げるため、サブウェポンは最も等倍範囲の広い「アームハンマー」採用した。「アイアンヘッド」は欲しい場面もあったが技スペース的に厳しい。


f:id:nomaku1:20170913222005j:image

クチート-クチートナイト

実数値    145-143-106-×-79-86

努力値    156-196-4-×-28-124

性格        いじっぱり

特性        いかく→ちからもち

技構成    じゃれつく/ふいうち/ほのおのキバ/つるぎのまい

 

A      11n

H-D  おくびょうカプ・コケコのいのちのたま「10まんボルト」確定耐え

S      だいたいのポリゴン2アシレーヌ抜き

 

崩しを担う第2のメガ枠。低速サイクルやメタグロスが完全に詰むクレセリアハッサム入り等に選出する。実際はほぼメタグロスを選出していたので置物になりつつあったが、出せば活躍してくれた。「ほのおのキバ」は「はたきおとす」との選択だが、この構築は炎打点に欠けるので前者を選択した。

 
f:id:nomaku1:20170913222502j:image

ランドロス-こだわりスカーフ

実数値   165-197-110-×-100-157

努力値   4-252-0-×-0-252

性格       ようき

特性       いかく

技構成   じしん/いわなだれ/ばかぢから/とんぼがえり

 

S    最速

 

テンプレのスカーフランドロス。スカーフガブリアスと違いいかくと地面耐性、「とんぼがえり」がある。炎耐性がなく、Sも低いのでリザードン対策としては微妙だが、そこは周りで対処出来る。「とんぼがえり」でカバルドンを誤魔化したり対面操作をしたりと非常に優秀なポケモン。最速を取っているのは準速スカーフカプ・テテフや最速ギャラドス意識。

 
f:id:nomaku1:20170913223824j:image

ポリゴンZ-ノーマルZ

実数値   165-×-98-177-99-150

努力値   36-×-60-172-28-212

性格       おくびょう

特性       てきおうりょく

技構成   10まんボルト/れいとうビーム/じこさいせい/テクスチャー

 

H-B   テクスチャーZ後、A特化カプ・ブルルの「ウッドハンマー」確定耐え

D       DL対策

S       最速フェローチェ抜き

 

この構築の要。メタグロスで倒せないテッカグヤギルガルドポリゴン2を起点にして相手の崩しを狙う。変化後がでんきタイプなのはポリゴン2意識。C1↑タイプ一致てきおうりょく10まんボルト」はメガメタグロスを乱数で落とせるほどの火力を出せる。このポケモンのお陰で崩しがかなり楽になったが、それと同時にクチートの選出率が下がってしまった。調整先がカプ・ブルルなのはブルルドヒドイデの並びをよく起点にするから。

 

f:id:nomaku1:20170913225235j:image

ミミッキュ-ゴーストZ

実数値   143-140-115-×-126-135

努力値   100-140-116-×-4-148

性格       いじっぱり

特性       ばけのかわ

技構成   じゃれつく/シャドークロー/つるぎのまい/かげうち

 

HB   ようきメガギャラドスのA1↑「たきのぼり」を最高乱数切って耐える。

        ようきメガバシャーモの「フレアドライブ」を75%で耐える。

        いじっぱりメガバシャーモの「フレアドライブ」を30%で耐える。

S      最速70族抜き

 

耐久に振った対面性能の高いミミッキュ。こちらのものを参考にした。実際に運用していた時は有名なABミミッキュを参考にしていたが、この記事を読んでこちらの方がより良いと感じたので変更。(ttp://michael-poke.hatenadiary.com/entry/2017/09/12/120512 ) ばけのかわ依存と言われているミミッキュだが耐久に振ることで多少のサイクル戦も可能になる。従来のABミミッキュよりSが高く、キノガッサカプ・レヒレの上から行動できる。ポリゴンZが出せない構築に出す。崩す対象ははがねタイプが多いのでゴーストZを持たせている。このポケモンを採用した途端勝ちやすくなり、その壊れ具合を改めて実感した。

 

以下の枠は場合によって変えていたので両方紹介する。

 

f:id:nomaku1:20170913230706j:image

 カプ・レヒレ-オボンのみ

実数値   176-×-135-161-150-107

努力値   244-×-0-252-0-12

性格       ひかえめ

特性       ミストメイカー

技構成   なみのり/ムーンフォース/めいそう/ちょうはつ

 

H   4n

C   特化

 

よくあるオボンレヒレ。本当はミズZを持たせたかったが、3Zは構築が歪むのでオボンのみに変更。バシャーモリザードンからの一応の引き先となっている。このポケモンがいるだけででんきタイプメガゲンガー等を極端に呼ぶので選出は見えやすかった。しかしナットレイに打点がなく、他にも後出しされるポケモン(メガゲンガー、カプ・コケコ、霊獣ボルトロス)を一撃で倒せないのでこちらに不利なサイクルができるのが微妙だった。


f:id:nomaku1:20170913231747j:image

アシレーヌ-こだわりメガネ

実数値   187-×-110-176-139-80

努力値   252-×-124-112-20-0

性格       ひかえめ

特性       げきりゅう

技構成   うたかたのアリア/ムーンフォース/ハイドロポンプ/サイコキネシス

 

H-B   A特化メガリザードンXの「フレアドライブ」高乱数2耐え

H-D   おくびょうカプ・コケコの「10まんボルト」超高乱数耐え

C       11n

 

上記のカプ・レヒレと入れ替えで採用したポケモンカプ・レヒレと比べ耐久が低く、半減技でもかなり食らうがその分火力が凄まじい。げきりゅうメガネ「ハイドロポンプ」はメガガルーラレベルの耐久ですら確定1発。こちらに不利なサイクルを回させないという意味では、こちらのポケモンの方がこの構築には合っていたように感じる。メガネ故撃ち分けが出来ないが、この構築は裏でカバーできるのでそこまでデメリットにはならなかった。

 

〜基本選出〜

メガメタグロス+ポリゴンZ+ランドロス

半分くらいこの選出をしていた気がする。スカーフ地面と想定されるポケモンリザードンX(に見える)が見せ合いでいた場合はミミッキュを選出した。メガバシャーモ軸にあまり当たらなかったのでかなり動かしやすかった。

クチート+ポリゴンZ+ランドロス

低速オタクを潰す予定でした…

しかし当たらない(←ここ重要) 

この環境ではクチートの枠は要検討ですね…

 

〜キツいポケモン

マンムー

かなり重い。ポリゴンZの展開が阻止され、またメタグロスが「アイアンヘッド」を所持していないので処理が面倒。対面で勝てるポケモンメタグロスくらい。

バシャーモ

見たら分かると思いますが、この構築は誰一人としてこいつが受かりません。先にポリゴンZを展開、もしくはミミッキュで対面処理を心掛けていました。バシャーモ対策にアシレーヌは悪手なので極力控えたいところです。

カバルドン

見ての通り対面で勝てるのはアシレーヌのみ、物理受け型に先に欠伸展開されたら悲惨なことになります。幸い(?)メタグロスがこのポケモンを呼びやすいので、アシレーヌで上手く釣りましょう

・(最速スカーフ)霊獣ランドロス

やめてください() ポリゴンZよりS種族値が1だけ高いとかなにかの間違いだァ

・スカーフガブリアス

ポリゴンZメタグロスが両方縛られる危険性があるので辛い。要は積んだポリゴンZより速い地面はみんなきつい。

 

単体は他にも重いポケモンがいましたが、並びでキツいのはそこまで無かったように思います。あ、受けループは無理です。

 

 

〜まとめ〜

ぶっちゃけクチート要らない(グロスクチートとは...)

ここまでお読み頂きありがとうございます。自分で考えた構築としてはなかなか面白いものができたんじゃないかと思っています(グロスクチートはパクリ)。正直本家グロスクチートとはだいぶコンセプトやらなんやらがずれてる気がしますが…。この一週間ほど休み時間をずっと費やして書いた甲斐がありました() それではこの辺で失礼します。

 

ご意見・ご感想は当記事コメント欄まで

 

 

 

実機でも使っていただけたら泣いて喜びます((ボソッ…