鋼の意志

メモと日記

物理型メガルカリオ調整案 【サンムーン】

ダメ計回してたら良さげなの見つけたので置いときます。より良い配分があれば教えてください<(。_。)>
f:id:nomaku1:20170904182908j:image

実数値

メガ後(前)→

151-179(144)-122(104)-×-91-179(155)

 

調整ライン

A:+2地震でH振りギルガルドをステロ込確1

H-B:特化ミミッキュのフェアリーZ確定耐え、無補正マンダの捨て身高乱数耐え

H-D:無補正コケコのEF10万耐え

S:最速110族抜き

 

技構成(推奨) →

インファイトバレットパンチ地震、剣の舞

 

耐久に熱く振ることで行動保証を得たメガルカリオ。調整先のミミッキュをバレットで一撃で落とせないのはご愛嬌。先に皮を剥がしていたら勝てる。

メガルカリオメガメタグロスの決定的な違いとして積み技の有無がある。メガメタグロスは受けに滅法弱いがメガルカリオは逆に起点に出来るのが強み。今回は剣の舞と地震を採用することで、本来苦手なギルガルドを返り討ちにすることが出来る。

ルカリオボーマンダ等の高種族値ポケモンと違い、両刀にすることで努力値がかなり窮屈になる。そこで今回は物理一本のものを考察した。また機会があれば両刀や特殊のルカリオも考察してみたい。

(某実況者の影響で猫も杓子もメガルカリオ考察してるから今更感が半端ない)