鋼の意志

メモと日記

メガメタグロス考察 【サンムーン】

ポケモン休止したのにポケモンから離れられない男、nomakuです。今回は長年お世話になってきたメガメタグロスについてちょこっと書こうかと思います。

(基本データは省略します)


f:id:nomaku1:20170819115312j:image

メガメタグロスの強い点

種族値(当たり前)

SM環境で優秀な鋼の耐性持ち

そこそこのSからの一方的なアド取り(アイへ、思念怯み)

先制技による縛り性能

そこそこ広めな技範囲

弱点をついてくるほのおタイプ(特にリザ)やじめんタイプより速く上から殴れるので返り討ちにできる

 

こんなとこでしょうか 続いて弱い点を

 

メガメタグロスの弱い点

エスパータイプのせいでミミッキュに強いとは言いきれない→弱点がメジャー

①受け崩しの積み技(剣舞)を覚えない

②相手の鋼に弱い

③上からの攻撃(特にトンボルチェン)に弱い

一致技の威力が低い

命中不安定技が多い

 

こんな所でしょうね 強い点は置いといて弱い点について考えてみることにします。タイプや技などはプレイヤー側がいじる事が出来ないのでその他の点について。

 

①受け崩しが出来ない

これが一番メジャーな弱点ですね。剣舞を覚えないためガブリアスやリザXのような受けの強行突破が難しいです。カバルドンスイクンは草結びで誤魔化せますがクレセリア、お前はダメだ。一応爪とぎを採用するとクレセリアを起点に出来ますが汎用性を落とす(止まる相手にはとことこん止まる)ので根本的な対策とは言い難いです。

そこである程度の汎用性を維持しつつ物理受けに負担をかけられるどくどくが面白そうです。ただでさえ足りない技スペを切ってまでメタグロスで物理受けを見る必要があるのかと言われると諸説あります(※)が候補の一つとしては悪くないでしょう。

 

②相手の鋼に弱い

七世代環境の鋼と言えばテッカグヤクチートギルガルドヒードランナットレイドリュウズカミツルギメタグロスハッサムなどでしょうか。残念ながらこの中でメタグロス側が有利と言えるのは何もなく、特にクチートギルガルドハッサムはどうしようもないです。地震を採用すればクチートギルガルドの打点になりますが決定打には程遠いです。またその他の鋼に対しても雷パンチやアムハンがないとろくな削りをいれられません。また鋼は毒が効かないのでメタグロスで勝つことは諦めた方がいいと思います。メタグロス軸で組む時は裏で十二分に鋼のケアをする必要があるでしょう。

 

③上からの攻撃(特にトンボルチェン)に弱い

上からの攻撃に弱いのはだいたいどのポケモンでもそうなので当たり前ではありますが、メタグロスを使っていると痛感します。何度上から電気Zで倒されたことか… また一方的にアドを取られるトンボルチェンにもかなり弱いです。というのもメタグロスは複数回展開する前提であり、耐久値が結構シビアなので無駄な削りを入れられるとすぐ消耗してしまいます。(ゴツメを許すな) よって裏はこれらにも厚くしておくべきでしょう。

 

・型例

メタグロス@ナイト

陽気hAS

技:バレット、思念、冷P、毒

毒以外はメジャーな技ですね。冷Pはドラゴンというよりもグライオン意識ですがグライオンの数が減少傾向にあるようなので雷Pやアムハンに変えてもいいでしょう。(アイへですがテテフはフィールド思念でだいたい確2であり、一貫性の取りにくさもあるのであまり推奨しません。バンギラスが重かったり命中を重視したりする場合にはいいと思います。)

 

・まとめ

物理受けに刺さる毒が面白そう

メタグロスを採用する時の注意点

裏は鋼、トンボルチェンに厚くしよう

HP管理が重要

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ここ間違ってるぞーってのがありましたらTwitter: @snomaku1 まで

 

※ご意見を頂いたのでメタグロスの強い点やこの構成のメタグロスと相性のいいポケモンを追記する予定です。リアルの都合上いつになるかは分かりませんが…

 

http://will-of-steel.hateblo.jp/entry/2017/08/20/162152

 

※六世代終盤に某氏が考案したグロスクチート、これは物理受けが崩せないメタグロスの補完メガとしてクチートを採用し、運用の似た2体を崩し要因にして裏のエースを通していく構築です。対面運用のメタグロス軸ではこれが至高と思っています。七世代では火力インフレによりトリル不採用のクチートがなかなか動かし辛くなり従来の役割分担が機能しにくくなっています。そこでメタグロスにも受けの誤魔化しがあれば良いのではと思いどくどく採用に踏み切った訳です。