鋼の意志

メモと日記

チョッキジバコイル単体考察

最近使ってたジバコイルの調整


f:id:nomaku1:20170711204923j:image

写真提供:ぱらじーむ(@PALLAGEEM)さん

 

 ジバコイル@とつげきチョッキ

特性:アナライズ

技:10万ボルト、ボルトチェンジ、ラスターカノン、ミラーコート

努力値:H236 B4 C172 D60 S36

・調整意図

HB:特化テテフの眼鏡サイコショックほぼ2耐え

HD:無補正レボルトの10万ボルトZ+きあいだま耐え

C特化ガルドのシャドーボールZ+無補正無振り影うち耐え

S:だいたいのアシレーヌ、ポリ2抜き

C:残り

もともとは裏から出てくる炎やレボルトなどに一矢報いるためのノーマルZ(ギガインパクトZ)で使っていたが、役割対象のタイプ一致Z技で倒れてしまい役割が安定しないのでチョッキにての採用。瞬間火力こそ落ちたもののアナライズと元々のCの高さもあり交代先に中々の負担をかけることが出来た。

レボルトに関しては格闘Zもあるので安定はしない、あくまで保険程度である。

B方面はほとんど降っていないが種族値が115と高く、ミミッキュのZを耐えてボルトチェンジで皮を剥がしつつ裏につなげる動きが強力だった。ボーマンダに関しては、型を見切ることが出来れば一応投げられる。

 

技構成について(追記)

ミラーコートの枠はめざパなどでも面白いかもしれない。ハッサムナットレイなどに刺さる炎やボーマンダグライオンなどに刺さる氷が強そうだ。(試してないので分かりません)

氷4倍勢にはラスターカノンで事足りる気もするので個人的には炎を推奨する。

 

・指摘があったので追記

 自由枠の推奨技がめざパでなくミラーコートなのは対ガルド、レボルトを意識してのものです。